2 kilograms of strawberries. At that time, I checked various related information online. I followed the advice of the FIP.health helper and got vaccinated in advance.

GS441524 で FIP と戦うイチゴの旅

私の猫、ストロベリーは、半年以上前からGS注射を予定通りに服用するのをやめてしまいました。基本的には毎日運動を続けていますが、今のところ異常は見られません。私も経験があるので、普段から子供の状態には特に気を配っています。今回は獣医師の忍耐と真剣さに本当に感謝したいと思います。獣医師は、猫は非常に臆病な動物であり、猫の飼育は本当に簡単すぎると考えているため、再発は親猫と猫の生活環境次第で、再び怖がらないようにする必要があると述べました。と診断されたとき FIP 、空が落ちてきたような気がしました。本当に必死でした。注射を中止できるほど経済的に自立できないのではないかと心配しました。しかし、診断されてから注射を中止するまでに費やしたのはたったの 1,000 ドルだったとは思いもしませんでした。 GS441524 注射。回復プロセスも非常にスムーズに進みました。獣医師はとても責任感があり、イチゴの治療を遅らせることなく私を救ってくれました。

猫のストレスが低い場合、親は84日間猫の治療を続けることができます。圧力が高い場合は、猫のインジケーターが正常であることを確認した後、早めに注射を停止できます。具体的な費用は、それぞれの猫の体重の違いによって異なります。猫の体重が軽い場合は、投与量も少なくなり、費用も比較的安くなります。そして、注射はできるだけ早く行う必要があります。長期間放置すると症状が悪化します。

経済的にかなりのプレッシャーにさらされていたので、時間を無駄にすることはありませんでした。診断されてからヘルパーさんのところへ行きました FIP.health そして買った FIP治療液。自分で管理しました。私はそれを 10 日間投与し、再検討に行きました (ストロベリーの獣医師は 3 週間の再検討を推奨しました)。イチゴの健康状態が心配だったので、注射の効果があるかどうか事前に再検査に行きました。再検査の結果、ストロベリーの指標はすべて良好に回復しました。そして3週間後に再検査してみました。卒業以来再発はありません。

FIPに関連する概算費用

1. 10本、1日平均0.7ml、70日間

肝臓保護錠2.40錠:

3.スヌオ:10カプセル、合計10日分

4.注射:最初の3日間は動物病院で注射し、その後は自分で注射します。

5.針: 70本

病院検査:2回、生化学検査、白球比0.4~0.8、前後薬計70種類。一度見直してみましょう。イチゴ2キロ。そんな時、ネットで様々な関連情報を調べてみました。私はそのアドバイスに従いました FIP.health ヘルパーさんもいて、事前にワクチン接種を受けていました。診断を受けたとき、私は生化学検査をしましたが、それ以外は何も検査しませんでした。逆算することはできますが、誤診が怖いです。チェックしてみました。ストロベリーが FIP を倒し、FIP ファイターになるのを手伝ってくれた FIP.health に本当に感謝しています。ありがとう

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。