In the grand scheme of things, FIP is a formidable adversary, but we, along with Julia, remain undaunted. With ten more injections to go, we are optimistic that our FIP Warrior will emerge victorious.

FIPとの戦い:FIPファイターたちの回復力と希望の物語

ジュリアとの戦い  猫伝染性腹膜炎 ( FIP )

私がそれを発見したとき、私の猫ジュリアはすでに病気に苦しんでいました。 FIP それが神経に入り込み、彼女は失禁し、歩くことができなくなり、食事をしたがらなくなった。ジュリア死ぬかと思った。病院に行ったところ、医師から「治る可能性がある」と言われ、希望が持てました。これが私たちの旅の始まりとなりました FIP ウォリアーは、ジュリアがこの困難な状況を克服できるよう支援することを決意しました。

希望の光: FIP 治療

医師は注射と薬物の使用を含む治療計画を推奨しました。 FIP.health ヘルパー。彼らは提供してくれました FIP処理液 そして注射を打った。奇跡的に、ジュリアは翌日立ち上がって歩くことができました。彼女は食事も始めましたが、神経が損傷し、失禁の問題が発生しました。私たちは世話をしやすいように彼女をバルコニーからキッチンに移動させました。私たちの日課には数え切れないほどの床のモップ掛けと、おしっこパッドの頻繁な交換が含まれていました。彼女の汚れた毛皮を掃除することは、ドライヤーで乾かすことと同様に、私たちの日課の一部になりました。

ジェットコースターのような乗り心地: FIP の浮き沈み

私たちの旅には浮き沈みもありました。初期の改善にもかかわらず、ジュリアさんは注射から 10 日後に挫折を経験しました。私は 2 ~ 3 日間寝たきりで、栄養を保つために強制給餌に頼っていました。幸いなことに、彼女は3日間のケアの後、回復しました。ジェットコースターのような状況でしたが、私たちは FIP と戦う決意を持ち続けました。

かすかな進歩: FIP の症状と回復

注射後 30 日目に、小さな勝利が起こりました。ジュリアは初めてトイレを使いました。まだ時々しゃっくりはありましたが、私たちの猫の戦士は回復に向かって前進していました。 治療計画を忠実に守るにつれて、失禁などのFIP 症状も徐々に管理できるようになってきました。

回復への道:FIPの治療と日常のケア

回復への道のりには課題がなかったわけではありません。ジュリアには、猫の鼻づまり、血液の栄養補給、免疫力の向上、炎症の軽減などの複雑な毎日の投薬計画が必要でした。薬に加えて、彼女の食事は毎日ADの半缶と茹でた鶏の胸肉で構成され、彼女が清潔で十分な栄養を摂取できるようにしていました。

価値のある旅: ジュリアの進歩を祝う

日を追うごとにジュリアがどんどん良くなっていくのが見えましたが、それだけの価値はありました。彼女の回復力と進歩を目の当たりにして、私たちは希望と感謝の気持ちで満たされました。ジュリアの世話に集中するあまり、時々食事を与えるのを忘れることもあった彼女の弟にとっては大変でしたが、私たちは自分たちが正しい道を進んでいることを知っていました。

物事の大まかな計画では、 FIP は手ごわい敵ですが、私たちはジュリアとともにひるみません。あと 10 回の注射が行われるため、私たちは、 FIPウォリアーが勝利するだろう。

https://FIP.health では、次のような課題を理解しています。 FIP猫 そしてその献身的なオーナーの顔。皆様のような FIP ウォリアーへの私たちの取り組みが、可能な限り最高のサービスを提供する原動力となります FIP治療 オプションなど GS441524 、あなたの最愛のネコ科動物の明るい未来を保証します。私たちは、ジュリアの回復力の証としてジュリアの旅を祝います。 FIPウォリアーズ そしてその希望は FIP.health を提供するよう努めます。

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。